発がんリスクを抑えた電子タバコ

電子タバコの吸える時間が短いと思うのは自分だけでしょうか

たまたま人から電子タバコをもらったので、そちらに変えて吸っていますが、吸える時間が従来のタバコと比べて短く感じます。従来のタバコは、5分程吸えるのに対して、電子タバコは2~3分程度しか吸えない気がします。吸い方が悪いのか、本体の調子が悪いのか、わかりません。また、立て続けに吸えないという罠かと思えるような仕組みになっていて、ヘビースモーカーの自分には少しツライです。
なかには、電子タバコを2個所有している方もいるようですが、吸える時間が短いとどうしても続けて吸いたくなってしまいます。人体への悪影響が少ないという、愛煙家としてはうれしい限りの電子タバコですが、もう少し長く吸わせてもらえると有難いです。最初は、味が強いので本数を減らしていけるのではと思って吸い続けていました。
今は逆に本数が増えています。1ミリのタバコを吸ってる感じなので、慣れてしまえば自然と本数が減っていくのでしょうか。普通のタバコよりもお値段が若干高めなので、このまま本数が増えるならもとに戻そうかと考えてしまいます。せめてもう少し長く吸えたら、完璧で素晴らしい電子タバコなのですが、満足感としては従来のものに比べて、やや落ちてしまうのが残念です。

電子タバコのメリット

ここ数年爆発的な人気の出ている電子タバコですが、電子タバコにすることによる最大のメリットとは何なのでしょうか?
そもそも電子タバコとは火を使わずに熱を利用して蒸気を吸うタバコなので、タバコの火の不始末なんていうことも少なくなると思います。これもメリットの一つだとは思いますが、最大のメリットは体への影響ではないでしょうか?
電子タバコにはニコチンは含まれるもののタールは含まれていないものがほとんどです。俗にいうヤニです。タバコのフィルターや歯が茶色く変色してしまうのはタールが含まれているからです。このタールには複数の発ガン性物質も含まれているので健康に及ぼすリスクも高いのです。
ですが、電子タバコにはこの有害物質であるタールが含まれていません。歯にヤニが付着することもなければ発がんのリスクを低くすることができるということです。(ニコチンは含まれているので依存症や神経系への影響のリスクは避けられません。)
これからも喫煙を続けていくのであれば体への悪影響は少しでも抑えたいと思いますよね?電子タバコに変えることによって全ての悪影響を抑えられるという訳ではありませんが、発がんのリスクを抑えることができるというのは非常に大きいと感じます。

最新情報

家族の前でも安心して吸える電子タバコ

電子タバコは周りの人たちも安心 タバコにより被害は、がんになりやすいことやその他の健康被害などよく言わ…

詳細

発がんリスクを抑えた電子タバコ

電子タバコの吸える時間が短いと思うのは自分だけでしょうか たまたま人から電子タバコをもらったので、そち…

詳細

紙タバコよりもお財布にやさしい電子タバコ

アイコスなど電子タバコの利便性 私は普段から電子タバコを愛用しており、使う度にその発明性やメリットには…

詳細

周囲に迷惑をかけず楽しめる電子タバコ

電子タバコのメリットデメリット 私は以前友人から電子タバコを譲り受けました。以前から紙巻きタバコから電…

詳細