赤ちゃんの嘔吐について

赤ちゃんの頃は、よく嘔吐することがあります。とくにミルクや母乳を飲んでいる時期には、毎日のように吐く子もいるほどです。ゲップと共に勢い余ってミルクが出てしまうことがあったり、寝ていると思ったら布団にミルクを吐いていたりと、我が家の子どもたちも日常茶飯事でした。なので、赤ちゃんの周りには必ずタオルを置いておくのがオススメです。わたしも、嘔吐してもすぐに対応できるように、布団の枕回りや、コンビラックの上にはタオルをかけておきました。また、ゲップさせる際にもよくミルクを吐きだしていたので、必ずゲップの時には自分の肩にタオルをかけて背中をトントンしました。はじめの頃は、ちょっとした嘔吐でも心配になりますが、とくに体調が悪そうでなかったり、あまりに大量に吐き出すわけではないのなら、そんなに心配する必要はありませんよ。

赤ちゃんが嘔吐するのはなぜか

突然、赤ちゃんが吐いてしまったらびっくりしますよね。何かの病気ではないのかなど心配になってしまいます。嘔吐の原因は様々なのですが、月齢の小さな赤ちゃんが吐いてしまうのは珍しいことではありません。大人に比べると赤ちゃんの胃は縦長で食道と胃のつなぎ目部分である噴門部もゆるゆるの状態です。胃をしっかりと固定する役目のじん帯もゆるいので不安定になっています。なので母乳の飲み過ぎや飲んで直ぐに横になってしまうと吐いてしまうことがあります。ゲップにつられて吐く場合もあります。授乳した後にゲップと共にはいていたり、吐く回数が少ない時は大丈夫です。ただ病気が原因で吐いている場合もあるので気をつけましょう。勢い良く吐いていたり、嘔吐物の色が黄緑色をしている時などは髄膜炎や腸閉塞といった病気の可能性があるので注意しましょう。

赤ちゃんが嘔吐すること。

赤ちゃんは大人とは違い胃の形がややまっすぐになっているので少しの刺激で嘔吐することがあります。特に授乳の後はしっかりとゲップをさせる事が大切で、それをしないで寝かせてしまうと空気がミルクと一緒に逆流して窒息する危険も出てきます。そんな嘔吐は病的な物ではないので心配はいりませんが、なるべく避ける様にする必要があります。赤ちゃんが嘔吐して心配なのは便秘を伴っていてお腹が硬くなり、機嫌が悪いだけではなく顔色もよくないといったイレウスの様な状態になることで、そんな症状が見られた場合は速やかに医療機関を受診する必要があります。これは命に関わる状態なので普段の様子とは明らかに違い分かりやすいと言えますが、日頃から十分に身体の変化がないかどうかをチェックする習慣をつけておく事が大切です。そしてすこやかに育つ様に努める必要があります。