ホーム > レディース用の名刺入れについて > レディースの名刺入れの選び方を解説

レディースの名刺入れの選び方を解説

名刺を取り出すときの名刺入れが素敵だと、初対面の相手でも好印象を抱くことも多いですよね。
反対に、どんなに容姿が素敵な人でもボロボロの名刺入れやビジネスの場にふさわしくない名刺入れを使用していたら、不信感が募ることがあります。
そこで、女性が好印象を抱かれるためのレディースの名刺入れの選び方のポイントを紹介します。
新入社員や初めて名刺入れを持つという場合は、ダークカラーを選ぶことがポイントです。
派手な色の名刺入れは業界や取引相手によっては、常識がないと受け取られたり、派手すぎると敬遠されたりする可能性があるからです。
黒や茶色、ダークグリーンやボルドーなどを選ぶことが無難です。
仕事に慣れてきて、取引先の雰囲気などもつかめてきたら少しずつ自分の好みを取り入れていくとよいでしょう。


また、収納力も名刺入れ選びには欠かせません。
最低でも30枚は入るものを選ぶと良いでしょう。
パーティーや研修などで多くの人に会う機会がある時も30枚入っていれば足りなくなって困るということもなく安心でしょう。
収納力を見る時は、同時に間仕切りがついているかも確認しましょう。
自分の名刺ともらった名刺がごちゃごちゃにならないように整理するために間仕切りがついている名刺入れは便利です。
自分の名刺ともらった名刺が混ざってしまい、間違えて他人の名刺を自分の名刺として渡してしまうというミスを防ぐことができます。
あまりに収納力が高い名刺入れにも注意が必要です。
収納力が高いためにどんどん名刺を入れてしまい、持ち歩くときに不格好になってしまう可能性があります。
また、重たくなることで落としやすくなり個人情報を不正利用されてしまうリスクもあります。


見た目のデザインは、TPOや自分の年齢、社会的な立場に応じたものを選ぶようにしましょう。
社会人が、キャラクターのついたものやあまりにチープなものを使うことはおすすめしません。
ビジネスの場にふさわしいものを持つことも社会人のマナーとして大切なことです。
また、乞うy喰う過ぎるブランド品を若い女性が持つことを良しとされない場合もあります。
先輩社員や上司、あるいは取引先の偉い人よりも、高価な名刺入れを持っているとひんしゅくを買ってしまう可能性があります。
デザインを選ぶときは、程よい価格のシンプルなデザインの物を選ぶと間違いないでしょう。
年齢や立場がある程度あがっていき、部下いるような立場になれば、自分へのご褒美としてハイブランドの名刺入れをもつこともおすすめです。
良いものを持つと自分に自信がつき、仕事へのモチベーションを高める効果が期待できるからです。

次の記事へ