ホーム > レディース用の名刺入れについて > 女性がビジネスシーンで持つ名刺入れはどんなものがお勧めか

女性がビジネスシーンで持つ名刺入れはどんなものがお勧めか

社会人になれば一つは持っていたい「名刺入れ」。
ビジネスの初顔合わせや、商談の席でまたは仕事上でのパーティーシーンなど、短い時間にさっと出す程度の「名刺入れ」ですが、初対面で交わすものであるだけに、その小物が与える印象は、名刺を交換したお相手に想像以上に強く残ることもあります。
プライベートな趣味の集まりなどで初対面挨拶に使うのなら別ですが、ビジネスシーンで使うものであれば、お相手に不快な印象を与えるものや、あまりにもシーンに適していない、派手で華美なものは避けたいところです。
市場には、メンズ・レディース、ユニセックスなもの、ブランド品から安価でカジュアルなものまで、多くの素材・デザインのものが売られています。
そんな中から「女性がビジネスシーンで持つ名刺入れ」に焦点を絞り、どんな名刺入れを選んだらいいのか、見ていきましょう。


「新入社員用」・・・新入社員ならば、高価なブランドものや派手な色のものは避けたほうが賢明でしょう。
色は黒か紺色が一番定番でお勧めです。
カジュアルなものは仕事の席にはふさわしくありませんので、できれば皮製品でシンプルなものが一番適しています。
素材は扱いやすさを考えて人工皮革でも、高級感のある本革でもお好みで選ぶと良いでしょう。
「営業職など」・・・クライアントへの訪問の機会が多い営業職ならば、スーツ同様、名刺入れにも注意を払う必要があります。
時にとても個性の強い名刺入れを出して、相手の関心を引き会話の糸口に、などという変化球を狙うなら別ですが、一般的にはきちんと感のあるシンプルなデザインで、黒や紺、茶などの落ち着いた色のものが好印象を与えます。
「クリエイターやアパレル業界など」・・・クリエイターなどの方は、ファッション小物などには独自のこだわりがある方が多い傾向にあります。
そんな業界の中で名刺入れを使うのならば、一般の営業職などにあてはまるセオリーにあまりこだわらず、常識の範囲内で少し個性的な名刺入れを使うのも良いでしょう。


総じて、ビジネスシーンで使用するのに不適といわれるものがあります。
ブランドロゴが大きく刻印されているような、明らかにブランドとわかるものは、あまり良い印象を与えません。
特に接客業などの場合は、高そうな高級ブランド品を身に付けることはお客様に失礼になることもあります。
どうしても好きなブランドの名刺入れを持ちたいのであれば、それとわからない程度に控えめにブランドロゴが入っているようなものを選ぶのが無難です。
機能面でいえば自分が常時持ち歩く名刺の枚数に応じた、程よい収納力のあるものが良いでしょう。
中の収納が分かれているものを選べば、自分の名刺と頂いた名刺を分けて入れることが出来て便利です。
そして肝心なのが、出し入れのしやすさです。
どんなに良い素材やデザインであっても、出し入れの時にもたもたしてしまっては、スマートな名刺交換が出来ません。
以上のような点をふまえて、ビジネスシーンやTPOに応じた「名刺入れ」を持つことがお勧めです。

次の記事へ